いなくなったあのひとが、
のこしてくれたものがたり。

いつか忘れさられる八十八ヶ所巡礼ノブ江の痣泥酔して死ぬるもっとも小さい光

企画・プロデュース:ほたる

監督:ほたる 小野さやか 山内大輔 小口容子 サトウトシキ


『短篇集 さりゆくもの』はその中の1 本「いつか忘れさられる」が先に完成していました。しかし、15 分という長さの35mm フィルム作品をどういう形で公開したらいいのか…。相談に乗ってもらった方に言われたのが「同じテーマと尺で付き合いのある監督に新たに作品を撮ってもらって、短篇集にしてみたら? それはぜひ観てみたい」ということでした。
それは私も観たい!!
ということで、これまで懇意にしていた監督方に声をかけ、参加していただき完成したのが、この短篇集です。
条件的に無理と断られたこともありました。女性監督にも参加してもらいたいと声をかけても、なかなかタイミングが合わないことも多々。参加監督の決まらないまま時間ばかりが過ぎ不安になる時期もありましたが、最終的に素晴らしいクリエイターたちに集まってもらえたと思っています。
映画館の暗闇で5 本の作品の個性を感じていただければ幸いです。

ほたる


予告編

STAFF

宣伝:熊谷睦子
配給協力:(株)ミカタ・エンタテイメント
編集・DCP作成:西山秀明
予告編編集:中野貴雄
タイトルデザイン:funnimal manufacture
WEB:稲田志野
チラシ・ポスターデザイン:田中ちえこ
協力:大橋さと子・麿・鈴木章浩・尾崎文太・神戸映画資料館
企画・プロデュース:ほたる
製作:「短篇集 さりゆくもの」製作委員会
配給:ぴんくりんくフイルム

2020年 / 日本 / カラー / 35mm+DCP / 89分
ⓒ2020「短篇集 さりゆくもの」製作委員会

NEWS

『さりゆくもの』スピンオフ上映企画

7/24 さりゆくものスピンオフ上映企画をサイトで取り上げていただきました!

ルーフトップに載りました! https://rooftop.cc/news/2021/07/20114337.php めるも にも載りました! https://news.merumo.ne.jp/article/genre/10934193 ご予約お待ちしてます!!分かりにくいですが裏面に予約用QRコードがあります。 https://www.sariyuku.com/blog/3546/ 「短篇集 さりゆくもの」広島横川シネマ明日21日が最終日です!お近くの方お見逃しなく!!
Read More

大阪初日に舞台挨拶伺いました!/「キネ坊主」さんにインタヴュー掲載されました

「いつか忘れさられる」の準備当初は大阪で撮影しようとしていたので、その大阪でやっと上映できて嬉しかったです。 劇場の山崎支配人からも、この短篇集5本気に入っていると言って頂いて更に嬉しい…。 今週金曜まで、「いつか忘れさられる」は連日35mmフィルム上映です。 最終日16日にもほたる、小野さやか監督と2人舞台挨拶行います!お近くの方、是非観にいらしてください! 「キネ坊主」 さんにインタヴューが載りました。よかったら見てください。 https://cineboze.com/2021/07/09/sariyuku_202107/
Read More

コメント頂きました!(市橋俊介/ただの人以下の人)

いつか忘れさられることは、きっと幸せだ。人との出会いと別れは、いつだって特別である。それでも、さりゆくものたちと、のこされるものたちはきっと対等だ。誰かが覚えていてくれることは幸せかもしれない。誰かの思いを終わらせることも幸せかもしれない。忘れさられることより、はじめから誰にも知られないこと。忘れさられることよりも、さってゆくことにさえ気付かれないこと。はじめからなんの思いも紡げないこと。誰の思いも紡げないこと。本当の悲しみはそこにある。誰かが覚えていてくれる、その誰かの思いはきっといつか終わるだろう。そこにあるのは悲しみか喜びか……。いつか忘れさられることは、きっと幸せだ。さりゆくものにとっても、のこされるものにとっても。対等に幸せなことだろう。 -市橋俊介(ただの人以下の人) 市橋さんありがとうございます!肩書きはご本人からの指定との事でした…。 ついに大阪初日!皆様にお会いできるのを楽しみにしています! トップ画像は2016年!「色道四十八手 たからぶね」の上映で豊岡劇場行く時の大阪集合時の写真。 なぜか大阪ではあまり写真撮っていなくて、いい写真なかった…。
Read More

コメント頂きました!( 鎌田義孝・映画監督)

ほたるさんと初めて会ったのは、トシキさんが監督、瀬々さん脚本のピンク映画。「明日のジョーは生きてるさ」。その時の台本が目の前にある。手書文字が生々しく、あの時が過ぎる。ほたるさん自ら川へ飛び込み、海パンスタンバイの上野さんと女池くんが泳いで助けてた。あれから30年。35ミリで映画を撮り、プロデュースまでやってるなんて、ほたるさんは馬鹿だ。でもだ。何いわれようとやり続け生きてきた人は、馬鹿で過激で、だから一番カッコいいのだと思う。生きてるフリを続け馬鹿になれない自分。生きてるフリ、もうやめたい!そう思わせてくれた映画「さりゆくもの」。最高だ!  -鎌田義孝(映画監督) 鎌田さんありがとうございます!文中の「明日のジョーは生きてるさ」(ピンクタイトル「覗きがいっぱい 愛人の生下着」)が7/24のスピンオフ企画で上映されます。あれから30年…って1994年だから一応まだ27年←細かいw いろいろな思い出がありすぎる作品。川で上野さんに助けられなかったらほんとは死んでたかも…ていまだに思う。 あ、てことはあと3年で30周年とかになっちゃうのか…シミジミ。 馬鹿なのは結局治らないのか…。   トップ画像は     「明日のジョーは生きてるさ」のスチールから。今回のチラシ裏にも乗せてます。             明日はいよいよ大阪初日!自分と小口監督が舞台挨拶に伺います!!                                             
Read More

実話ナックルズにインタヴューして頂きました

先週土曜に受け取っていたのに、お知らせ遅くなってしまいました…。 実話ナックルズ8月号にインタヴュー乗ってます。 インタヴュアーのやまだおうむさんが、この作品を横浜ジャック&ベティで観て頂いて、 さらにトシキ組含めピンクの出演作をしっかり観て頂いていて、 しかも初監督作「キスして。」のカメラマンの大学時代の知り合いという…どこで業界繋がっているかわからないね… びっくりしました。お話しするの楽しかったです。掲載されている数倍(数十倍かもw)話してます。 掲載ありがとうございます!雑誌を見かけたらぜひ後ろから開いてー。
Read More
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10