いなくなったあのひとが、
のこしてくれたものがたり。

いつか忘れさられる八十八ヶ所巡礼ノブ江の痣泥酔して死ぬるもっとも小さい光

企画・プロデュース:ほたる

監督:ほたる 小野さやか 山内大輔 小口容子 サトウトシキ


『短篇集 さりゆくもの』はその中の1 本「いつか忘れさられる」が先に完成していました。しかし、15 分という長さの35mm フィルム作品をどういう形で公開したらいいのか…。相談に乗ってもらった方に言われたのが「同じテーマと尺で付き合いのある監督に新たに作品を撮ってもらって、短篇集にしてみたら? それはぜひ観てみたい」ということでした。
それは私も観たい!!
ということで、これまで懇意にしていた監督方に声をかけ、参加していただき完成したのが、この短篇集です。
条件的に無理と断られたこともありました。女性監督にも参加してもらいたいと声をかけても、なかなかタイミングが合わないことも多々。参加監督の決まらないまま時間ばかりが過ぎ不安になる時期もありましたが、最終的に素晴らしいクリエイターたちに集まってもらえたと思っています。
映画館の暗闇で5 本の作品の個性を感じていただければ幸いです。

ほたる


予告編

STAFF

宣伝:熊谷睦子
配給協力:(株)ミカタ・エンタテイメント
編集・DCP作成:西山秀明
予告編編集:中野貴雄
タイトルデザイン:funnimal manufacture
WEB:稲田志野
チラシ・ポスターデザイン:田中ちえこ
協力:大橋さと子・麿・鈴木章浩・尾崎文太・神戸映画資料館
企画・プロデュース:ほたる
製作:「短篇集 さりゆくもの」製作委員会
配給:ぴんくりんくフイルム

2020年 / 日本 / カラー / 35mm+DCP / 89分
ⓒ2020「短篇集 さりゆくもの」製作委員会

NEWS

「短編集 さりゆくもの」スピンオフ上映企画Vol.1「まずはフィルムから始まった!」ご来場ありがとうございました。 

スピンオフ上映企画Vol.1 無事終了しました。 ご来場いただいた方々、来れなかったけど気にかけて下さった方々、アテネフランセ文化センターの方々、参加して下さった参加監督スタッフ 皆様ありがとうございました。 次の上映企画もよろしくお願いします! お知らせ遅くなりましたが、Yahoo!ニュースに取り上げていただきました。 https://news.yahoo.co.jp/byline/mizukamikenji/20210723-00249418
Read More

いよいよ明日24日上映です!『短篇集 さりゆくもの』スピンオフ上映企画Vol.1「まずはフィルムからはじまった!」

24日の1回限定上映です!皆様ぜひお待ちしております!! 『エンドレス・ラブ』は、私の実力以上のものが“写ってしまった”作品。「こんなものに実力も何もあるか」と言われそうですが、今となってはとてもできないことばかりが写ってしまっています。『2010年、夏』は、『鴛鴦歌合戦』に感動し、「これに勝つには、もう役者に即興で歌わせるしかない!」と歌わせた作品。「勝てると思ってたのか?」と言われそうですが、当時「一本調子の即興の歌が、夢に出てきそうでコワイ」と評判でした。 ー小口容子(『エンドレス・ラブ』『2020年、夏』監督)  瀬々と、新宿の今はない喫茶店で打ち合わせた。「玉置浩二が凄いんだよ」少し前に見た2hドラマの玉置浩二演じる主人公のことを話してくれた。「それってのぞきものになるの?」って言ったら「トシキ、のぞきものがやりたいのかよ?」って聞くんで「うん、そうだよ」ってーー。「やっぱ飛び込むのかなあ? 飛び込むんだよなあ?」って聞いたら「まあ、そういうのもないとなあ」って言ったっけ。 ーサトウトシキ( 『覗きがいっぱい 愛人の生下着』監督) 渡辺護さんの代表作『(秘)湯の町 夜のひとで』(脚本:大和屋竺)の中にエロ事師夫婦が春画ふうの写真を撮るシーンがあります。『色道四十八手 たからぶね』のほたるさん出演シーンはこれをふまえたものです。しかし、「ばか夫婦 春画をまねて 筋ちがい」という川柳があるくらい、春画の正確な再現は難しい。「こんなの、無理!」と言いながら、野村貴浩さんと挑戦してくれたことに感謝しています(現場では笑ってしまいましたが)。 ー井川耕一郎(『色道四十八手 たからぶね』監督) 「色道四十八手 たからぶね」の残りフィルムから「いつか忘れさられる」は作ったので、親とも呼べる作品です。「明日のジョーは生きてるさ」はまだデビューして間もない自分が下手くそだけど必死になっていて、自分にとっては今に至る中で大事な作品です。 私の大事な2本をどうか観ていただきたいと思ってます。 ーほたる(女優/「短篇集 さりゆくもの」企画・プロデュース) 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 Aプログラム 13:30開場/14:00開映  「エンドレス・ラブ」 (1988年/46分/8mm)監督:小口容子/出演:小口容子、平野勝之、袴田浩之  「2010年、夏」 (1994年/35分/8mm )監督:小口容子/出演:小口容子、いむたこうし、井口昇  Bプログラム 15:45開場/16:00開映 「覗きがいっぱい 愛人の生下着」(原題:『「明日のジョー」は生きてるさ』/1994年/55分/16mm縮小版/R18指定) 監督:本藤新(サトウトシキ) 脚本:南極1号(瀬々敬久)企画:朝倉大介 製作:国映 配給:新東宝 出演:小島康志、林田ちなみ、葉月螢(ほたる)、吉行由実  *トークイベント:17:30〜18:00 (出演:ほたる、小口容子監督、サトウトシキ監督、井川耕一郎監督)  Cプログラム 18:15開場/18:30開映 「色道四十八手 たからぶね」(2014年/71分/35mm/R18指定) 監督・脚本:井川耕一郎 企画・原案:渡辺護 製作:PGぴんくりんく出演:愛田奈々 岡田智宏 佐々木麻由子 ほたる 7月24日(土)13時開場 14時〜20時 *各回入れ替え制 場所:アテネ・フランセ文化センター 料金:各プログラム券 前売予約1000円/当日1200円通し券 予約2500円(30枚限定)/当日2800円*チケット予約フォーム  https://forms.gle/dQ9gzagWhszKgejN8
Read More

松山シネマルナティック明日7/23上映最終日です!!

トップ画像は小野さやか監督が愛媛新聞インタヴュー掲載!ご案内遅くなってすみません… 今回のテーマである四国遍路についてのお話、ぜひ読んでみてください。 監督地元の松山シネマルナティックの上映は明日7/23までです!11:15からです。お近くの方どうぞお見逃しなく!! http://cinemalunatic.sx3.jp 7/24のスピンオフ上映のご予約もお待ちしています! https://www.sariyuku.com/blog/3546/?fbclid=IwAR2lGjvO3TZ4GrO90V9_WIcpcJGxglL2sr1CB7n9Z6narsz-HpSqCZLpHt4
Read More
『さりゆくもの』スピンオフ上映企画

7/24 さりゆくものスピンオフ上映企画をサイトで取り上げていただきました!

ルーフトップに載りました! https://rooftop.cc/news/2021/07/20114337.php めるも にも載りました! https://news.merumo.ne.jp/article/genre/10934193 ご予約お待ちしてます!!分かりにくいですが裏面に予約用QRコードがあります。 https://www.sariyuku.com/blog/3546/ 「短篇集 さりゆくもの」広島横川シネマ明日21日が最終日です!お近くの方お見逃しなく!!
Read More

大阪初日に舞台挨拶伺いました!/「キネ坊主」さんにインタヴュー掲載されました

「いつか忘れさられる」の準備当初は大阪で撮影しようとしていたので、その大阪でやっと上映できて嬉しかったです。 劇場の山崎支配人からも、この短篇集5本気に入っていると言って頂いて更に嬉しい…。 今週金曜まで、「いつか忘れさられる」は連日35mmフィルム上映です。 最終日16日にもほたる、小野さやか監督と2人舞台挨拶行います!お近くの方、是非観にいらしてください! 「キネ坊主」 さんにインタヴューが載りました。よかったら見てください。 https://cineboze.com/2021/07/09/sariyuku_202107/
Read More
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10