いなくなったあのひとが、
のこしてくれたものがたり。

いつか忘れさられる八十八ヶ所巡礼ノブ江の痣泥酔して死ぬるもっとも小さい光

企画・プロデュース:ほたる

監督:ほたる 小野さやか 山内大輔 小口容子 サトウトシキ


『短篇集 さりゆくもの』はその中の1 本「いつか忘れさられる」が先に完成していました。しかし、15 分という長さの35mm フィルム作品をどういう形で公開したらいいのか…。相談に乗ってもらった方に言われたのが「同じテーマと尺で付き合いのある監督に新たに作品を撮ってもらって、短篇集にしてみたら? それはぜひ観てみたい」ということでした。
それは私も観たい!!
ということで、これまで懇意にしていた監督方に声をかけ、参加していただき完成したのが、この短篇集です。
条件的に無理と断られたこともありました。女性監督にも参加してもらいたいと声をかけても、なかなかタイミングが合わないことも多々。参加監督の決まらないまま時間ばかりが過ぎ不安になる時期もありましたが、最終的に素晴らしいクリエイターたちに集まってもらえたと思っています。
映画館の暗闇で5 本の作品の個性を感じていただければ幸いです。

ほたる


予告編

STAFF

宣伝:熊谷睦子
配給協力:(株)ミカタ・エンタテイメント
編集・DCP作成:西山秀明
予告編編集:中野貴雄
タイトルデザイン:funnimal manufacture
WEB:稲田志野
チラシ・ポスターデザイン:田中ちえこ
協力:大橋さと子・麿・鈴木章浩・尾崎文太・神戸映画資料館
企画・プロデュース:ほたる
製作:「短篇集 さりゆくもの」製作委員会
配給:ぴんくりんくフイルム

2020年 / 日本 / カラー / 35mm+DCP / 89分
ⓒ2020「短篇集 さりゆくもの」製作委員会

NEWS

コメント頂きました!(坂本礼・映画監督)

監督でも母親役でも、ほたるさんの透明度は変わらない。ほたるさんに上野オークラのスクリーンで出会った日は、いつのことだろう。欲望が渦巻く中、スクリーンから感じる透明感に、僕は心を奪われた。あの日からずいぶん月日が過ぎた。『さりゆくもの』。僕もだなぁ。 ―坂本礼(映画監督) 坂本さんと最初の現場はどれだったか、、長い時間が経ってますが、 こちらの坂本さんの印象も変わってないです…。
Read More

コメント頂きました!(高柳哲司・アニメーション演出家)

色々なジャンルの作品があり、素直に楽しめた五本立てでした。 ちょっと笑えて、ちょっと怖くて、ちょっと狂ってて、ちょっと人を好きになって… ― そして最近、身近で逝ってしまったあの人の事をちょっとだけ考えさせてくれました。 高柳哲司(アニメーション演出家) 高柳さん、コメントありがとうございます! 「色道四十八手 たからぶね」の試写で来られていて、打ち上げでお話ししたのですが、覚えていてくださって嬉しかったです。 「おそ松さん」やってるんだ!! ほたる
Read More

コメント頂きました!(向井三郎・画家)

「さりゆくもの」を観てから2週間近く経った。それぞれの作品についてはもはや忘れかけているところもある。早すぎると思うが、日々なる忘却。5編の映像の断片が混ざりあい浮かんでは沈み、そこにあの日の新宿の風景までもが混入して、まるで新しい1本の映像みたいになっている。それは脳内スクリーンで上映される自分にしか見ることのできない映像だ。この5本の短編も誰かの脳内の映像を見るような肌触りをここかしこに感じた。そういう肌触りは大好きだ。半透明の羊羮を光に透かしたような密な奥行きがあって、しっとり、ねっとり。映画館で味わえて良かった。 向井三郎(画家) http://saburomukai.com 画像はHPよりお借りしました。 向井さんとは、とある撮影現場で一緒にお手伝いしてました。 実は絵描きさんだと聞いて個展伺ったのですが、とても素晴らしかったです! 次の展示も楽しみにしてます。 このところ低気圧のせいか、ケイズシネマの上映が終わって打ち合わせが続いていたので疲れたのか頭痛がひどくて、 コメントいただいてすぐに更新できませんでした。ごめんなさい。 ほたる
Read More

横浜ジャック&ベティにて上映します!

横浜ジャック&ベティにて上映決定しました! まだ日時未定ですが、決定次第掲載します。 劇場HPにも掲載されました! https://www.jackandbetty.net/cinema/detail/2533/ 名古屋シネマテークHPにも掲載されました! http://cineaste.jp/future/index.htm
Read More

コメント頂きました!(福原彰・映画監督/脚本家/新東宝映画プロデューサー)

ほたるさんの映画はもとより、番組全体が想像以上によくまとまった面白い内容でした。「さりゆくもの」という企画のテーマは「愛と死」ということかもしれませんが、 20年前は家族の崩壊や関係の不可能性についてよく語られていたのが、ほたるさんもトシキさんもひとめぐりして家族の喪失だけでなく回復の物語を語っているのが印象的でした。あるいはこれはほたるさん固有の指向やテーマということなのでしょうか。「いつか忘れさられる」は家族の死という重いテーマを扱いながら、娘の視点がひとつのポイントになって、家族がひとつの宇宙であるように感じられる稀有な瞬間がありました。登場人物が言葉で語らない分、古い日本家屋の陰影とまぶしいほどの雪景色を見事にとらえたカメラがなんともいえない雄弁さで語っているようで。母を見つめる娘の無垢で深みのある視線が目に焼き付きました。父は慟哭し、母はじっと耐える……これも凄いなと思いましたが、彼岸で息子を迎える母の笑顔がすべてを物語っているようで。息子の足音を聞いてゆっくり振り返るほたるさんの顔をじっくりアップで撮ってみたいと思いましたが、これは部外者の勝手な妄想ですwトシキさんも相変わらず見事で……もはや名匠の領域ですね。 ―福原彰(映画監督/脚本家/新東宝映画プロデューサー) 福原さんとは自分が新東宝映画に出演している時からのお付き合いですが、前作「キスして。」でも色々アドバイス頂いてました。 今回もコメントいただけてありがたいです。
Read More

「春の残飯まつり 2日間」

明日「泥酔して死ぬる」のアニメーションを担当された三ツ星レストランの残飯さんの作品上映があります。 https://www.facebook.com/events/739068040083359/?ti=ls トーク登壇:三ッ星レストランの残飯 (監督)、他会場:東京・世田谷「エムズ・カンティーナ」   世田谷区上馬4-4-8 新町駒沢ビル 2階   (東急田園都市線・駒沢大学駅西口 徒歩1分)料金:各日 2,000円(自由席・ドリンク代600円込) ☆途中入退場可ご予約&お問合せ:「エムズ・カンティーナ」03-6450-8111(24h留守電対応)予約フォーム:https://ws.formzu.net/fgen/S13353355/主催:エムズ•カンティーナ 3/6 現在で予約4名…うち1名は私…みんな観に行こう!
Read More
1 2 3 4 6 7 8 9 10