いなくなったあのひとが、
のこしてくれたものがたり。

いつか忘れさられる八十八ヶ所巡礼ノブ江の痣泥酔して死ぬるもっとも小さい光

企画・プロデュース:ほたる

監督:ほたる 小野さやか 山内大輔 小口容子 サトウトシキ


『短篇集 さりゆくもの』はその中の1 本「いつか忘れさられる」が先に完成していました。しかし、15 分という長さの35mm フィルム作品をどういう形で公開したらいいのか…。相談に乗ってもらった方に言われたのが「同じテーマと尺で付き合いのある監督に新たに作品を撮ってもらって、短篇集にしてみたら? それはぜひ観てみたい」ということでした。
それは私も観たい!!
ということで、これまで懇意にしていた監督方に声をかけ、参加していただき完成したのが、この短篇集です。
条件的に無理と断られたこともありました。女性監督にも参加してもらいたいと声をかけても、なかなかタイミングが合わないことも多々。参加監督の決まらないまま時間ばかりが過ぎ不安になる時期もありましたが、最終的に素晴らしいクリエイターたちに集まってもらえたと思っています。
映画館の暗闇で5 本の作品の個性を感じていただければ幸いです。

ほたる


予告編

STAFF

宣伝:熊谷睦子
配給協力:(株)ミカタ・エンタテイメント
編集・DCP作成:西山秀明
予告編編集:中野貴雄
タイトルデザイン:funnimal manufacture
WEB:稲田志野
チラシ・ポスターデザイン:田中ちえこ
協力:大橋さと子・麿・鈴木章浩・尾崎文太・神戸映画資料館
企画・プロデュース:ほたる
製作:「短篇集 さりゆくもの」製作委員会
配給:ぴんくりんくフイルム

2020年 / 日本 / カラー / 35mm+DCP / 89分
ⓒ2020「短篇集 さりゆくもの」製作委員会

NEWS

コメント頂きました!(佐野和宏・映画監督/俳優)

ひとりの主張を押しつけるのではなく、五人各様が賑やかに主張する。「三酔人」いや「五酔人経綸問答」だ!見透かされる前にさっと引く時間もいい。何よりもタイトル「さりゆくもの」がいい。一見、バラバラな五本がこのタイトルに集約されていく。一気呵成に読める短篇集だ。こんな映画もあっていい。もし、シリーズ化されるなら「さりゆきそこなった」俺にも撮らせてくれ。 ―佐野和宏(映画監督/俳優) 先日観ていただいてすぐに、カッコいいコメント頂きました! 佐野さんの新作、観たいなー。待っている人大勢いると思うんだが…。 女池監督のコメントの際に載せた「リュミエールごっこ」にも出演されてます。 再掲。 https://www.youtube.com/watch?fbclid=IwAR3WJIzyvJPAwtHO869yoUfEmsv96_H63mpdsp5oqYOc3_bJmLifRNe62hw&v=bXPGIi-DH_Q&feature=youtu.be 明日はサトウリュースケ・ギター演奏付き上映です!舞台挨拶もあります。 お待ちしてます!
Read More

サトウリュースケ・ギター演奏付き上映します!

「いつか忘れさられる」に出演しているミュージシャンのサトウリュースケが、サイレント映画に音をつけます。 2月27日、1回のみの上映です。一度観た方も、また違った風に観れるかと…。 イベント付き上映の為、限定37席となります。 前2回のイベント付き上映では満席で入れなかったお客様がいらっっしゃるので本当に申し訳ないのですが、 コロナ感染対策のガイドラインに沿っての席数ですので、何卒ご容赦ください。 ほんとは来て下さった方全員に観て欲しいのですが…。 また、上映後は舞台挨拶を行います。参加はほたる、小野さやか、小口容子、サトウリュースケです。 初めての少人数トークなので、また違う話が出るかも…。 お待ちしております! サトウリュースケHP https://ryusukegogo.webnode.jp ブログ http://ryusukejojo.livedoor.blog 上上ブラザーズ(サトウリュースケVo/Gr)HP https://joujoubrothers.wixsite.com/mysite
Read More

コメント頂きました!(切通理作・評論家)

「映画の中にあるものは永遠なのだ。少なくともそう思いたいという観客は、私含め存在しているに違いない。」-切通理作(評論家) 夜間飛行メルマガ「映画の友よ」より抜粋 https://yakan-hiko.com/risaku.html メルマガには各作品について詳しく書いて頂いてます。 ご興味ある方、有料ですがぜひ読んでみて下さい!
Read More

明日も舞台挨拶あります!/コメント頂きました(鎮西尚一・映画監督)

「いつか忘れさられる」雪景色が映画をこんなにもワクワクさせるものだろうか。祷キララさんが名前の通り全編キラキラしている。撮影の素晴らしさに、ミステリアスな干し柿のカットに陶然とする。ほたるさん、とっても良かったです。 ―鎮西尚一(映画監督) 鎮西監督の「熟女 淫らに乱れて」に出演してます。 とても気に入っている作品です。 http://eigageijutsu.com/article/144690326.html 明日23日にも舞台挨拶あります! 初日同様、席数が少なくなりますが、ぜひ観にいらしてください! ほたる
Read More

コメント頂きました!(井川耕一郎・映画監督/脚本家)

最近、『晩春』で笠智衆演じる役が自分より年下だと気づいた。ぼくももさりゆくものの仲間入りか。そんなときに見たのがこのオムニバス。ほたるさんがとことん不幸な女を(『ノブ江の痣』)、そして母親を(『いつか忘れさられる』『もっとも小さい光』)見事に演じている。さらに二人の女性監督に劇映画の枠をはみ出す作品を依頼している(『八十八ヶ所巡礼』『泥酔して死ぬる』)。まったくタイトルに偽りありだ。さりゆくどころか、映画の世界に堂々と居座り続けようとする者じゃないか。しかし、それでいいのだ。しぶとさの方が映画にはよく似合う。 ―井川耕一郎(映画監督/脚本家) いただいた文章を読んだ瞬間、ふふふと笑いが出てしまった。 井川さんさすが。
Read More

初日あけました!/コメント頂きました(橋口卓明監督)

「短篇集 さりゆくもの」を見て思いました。さりゆくものの世界って地層のようにどんどんとパラレルに折り重なっていくようです。重力に逆らっては生きられない私たちは、積みあがった、さりゆくものの地の上で生きていく。地の上は決して美しいだけの場所には思えないけれど、不確かなその先に悲しみのかすかな光が小さな希望のように見えたような気がしました。 –橋口卓明(映画監督) 橋口監督とは2001年「アブノーマル体験 第六の性感」 2004年「官能の館 人妻昇天」 2005年「官能病棟 濡れた赤い唇」とでご一緒しました。 前作「キスして。」をケイズシネマ で観ていただいて、後で感想を頂きました。 それがまた、的確というか、、自分で一番気になっていた部分を言われてて なんと返していいかわからなくて…。 返信ないので心配した監督から電話もらってしまった。 今回はどうなんだろうか…。 良くなっているのかなあ…。 今日ご覧になっていただいた皆様の感想どうだったのだろう…。 ほたる
Read More
1 2 3 4 5 6 7 8 9