いなくなったあのひとが、
のこしてくれたものがたり。

いつか忘れさられる八十八ヶ所巡礼ノブ江の痣泥酔して死ぬるもっとも小さい光

企画・プロデュース:ほたる

監督:ほたる 小野さやか 山内大輔 小口容子 サトウトシキ


『短篇集 さりゆくもの』はその中の1 本「いつか忘れさられる」が先に完成していました。しかし、15 分という長さの35mm フィルム作品をどういう形で公開したらいいのか…。相談に乗ってもらった方に言われたのが「同じテーマと尺で付き合いのある監督に新たに作品を撮ってもらって、短篇集にしてみたら? それはぜひ観てみたい」ということでした。
それは私も観たい!!
ということで、これまで懇意にしていた監督方に声をかけ、参加していただき完成したのが、この短篇集です。
条件的に無理と断られたこともありました。女性監督にも参加してもらいたいと声をかけても、なかなかタイミングが合わないことも多々。参加監督の決まらないまま時間ばかりが過ぎ不安になる時期もありましたが、最終的に素晴らしいクリエイターたちに集まってもらえたと思っています。
映画館の暗闇で5 本の作品の個性を感じていただければ幸いです。

ほたる


予告編

STAFF

宣伝:熊谷睦子
配給協力:(株)ミカタ・エンタテイメント
編集・DCP作成:西山秀明
予告編編集:中野貴雄
タイトルデザイン:funnimal manufacture
WEB:稲田志野
チラシ・ポスターデザイン:田中ちえこ
協力:大橋さと子・麿・鈴木章浩・尾崎文太・神戸映画資料館
企画・プロデュース:ほたる
製作:「短篇集 さりゆくもの」製作委員会
配給:ぴんくりんくフイルム

2020年 / 日本 / カラー / 35mm+DCP / 89分
ⓒ2020「短篇集 さりゆくもの」製作委員会

NEWS

新宿ケイズシネマでの上映終了、ありがとうございました!/コメント頂きました(河名麻衣・女優)

新宿ケイズシネマでの上映が終わりました。観てくださった方々本当にありがとうございました! 舞台挨拶等イベントの日には満席が続き入れなかったお客様が多く出てしまい、大変申し訳なかったです。 たくさんの方に観ていただき、また、SNS等にご感想をいただけてとても嬉しかったです。 今後まだまだ上映を続けていきますので、どうぞよろしくお願いします! ========================== さりゆくもの 私は映画館で日本映画を観るのは苦手。漫画が苦手な事と多分同じ感覚だ。 国語が苦手なので、台詞も映像も音楽までも表現される映画はシンドイ。 でも、数少ない友人であるほたるの映画を観ないという選択肢は無い。 そう言えばサイレントって言ってたなぁとか、扱った物語の断片を聞いてたなぁとか思いながら、友人と言いつつ耳を傾けていなかった事を反省した。 映画や写真がフイルムで撮る時代にカメラの前に立っていた私には、サイレントに違和感が無い。 いや、それ以上に、とても新鮮な緊張感の中で観る映画が心地よい。 映画がどうして苦手なのか、ちょっと理解できた気がした。 そして、いい加減若くない自分がほたるの話をキチンと聞けていないことが何だか恥ずかしい。 さりゆくひとなどと言いながら、ほたるの生への執着は何だか温かく感じている。 友人としてずっと近くで見守っていたいと思った。 ―河名麻衣(女優) 同時期にデビューして、お互い大変な時期には間が空くこともあるけど、いまだに定期的にあっている数少ない友人。仕事や私生活の愚痴、相談でいつも助けられてます。 彼女の主演作「End of The World 」が新宿ケイズシネマにて3/8に上映されます。 https://www.ks-cinema.com/movie/zeze2021/ この特集では自分のデビュー作「現代群盗伝」、出演作「迦楼羅の夢」「なりゆきな魂、」も上映されます。3/12にはトーク出ます。 ほたる https://www.ks-cinema.com/information/11661/
Read More

明日は新宿ケイズシネマでの上映最終日です!

今日もたくさんの方にご来場いただきました。本当にありがとうございます。 そして、明日はついに新宿ケイズシネマでの最終日になります。 昨日アップした荒木さんのコメントにもありますように、素晴らしい環境の劇場です。 未見の方、平日ではありますが、ぜひお越しください! ======================= 後々各作品の紹介ページに貼りますが、ひとまずここへ。 「ノブ江の痣」「もっとも小さい光」 各作品の予告編です。 https://youtu.be/ykBXabJMgQM https://youtu.be/OsFBsf1xJOA
Read More

コメント頂きました!(荒木太郎・映画監督)

ほたる組は35ミリフィルムで撮影されて映写もこのパートのみ35mmfilmで映写された。映写という作業、公開という作業は、映画公開における最後の作家的過程なのだが、デジタル映写が殆どの今、うるさい一言ある映写技師は消え、機械的な音も画もボタン一つでレジを押すような担当だけになった。これによって全国どこで見ても同じという、のっぺらぼうな環境になった。ぴんくりんくの太田氏は映写技師でもあるところから映画製作に乗り出した出自の為、映画館や映写技師を巻き込むことで映画に最後の立体性の息吹を与えることが良く分かっている。ほたる組以外はフィルム上映で無いもののそれぞれ独自のスタイルでの映画作りをして、劇場はそれに応えている。このダイナミックな映画館体験をこの素晴らしい環境の劇場で是非ともお勧めいたします。この小屋は音も画もとても良いと思います。それゆえ、音のないほたる組は、音のない音を選んだ事で、逆にかなり饒舌に感じました。 ―荒木太郎(映画監督) 実は、今回冒頭の「短篇集 さりゆくもの」タイトル部分は荒木監督にいただいたフィルムを使って撮影しました。(タイトル撮影したのは写真のカメラとは違います)ご自分が撮影するときの為に取っておいた物を、快く出していただきました。 昨日までのケイズシネマ で観ていただいた方、あと2日ですがこれから観ようと思っている方々にぜひこのコメントを読んでいただきたいです。
Read More

コメント頂きました!(七里圭・映画監督)

五者五様の去りゆくものへのまなざしが、はかなくも可笑しい。 ビックリハウスのようなオムニバスでした。 ―七里圭(映画監督) 七里さんとは「ぬるぬる燗燗(1996年・西山洋市監督)」の助監督されていた時に出演者としてご一緒最初だったかと思うのですが、 監督作「眠り姫」は大好きで、何回も観にいってます。 パフォーマンス「清掃する女」観れてないので、機会があれば観たいな…。 http://keishichiri.com/jp/
Read More
八十八ヶ所巡礼

コメント頂きました!(佐倉 萌・女優)

映画が始まった時、私は懐から買ったばかりの数珠を取り出し握りしめていた。このタイトルから「何か」を覚悟していたから。 しかし短篇が進むに連れ、解れていく気持ちが握った数珠に流れ込んでいった。この作品はさりゆくものにとって灯台のような感触だと思ったが、見終わるとその逆で、さられた人にとっての灯火のような感触に変わっていた。 そして「さりゆくもの」にずっと囚われているのではなく(忘れてしまう事に罪悪感を持ち続けるのではなく)、そこから一歩ずつでも前進していくのが生きていくって事なのかなと、週末父の一周忌法要があるのに田舎に帰れなくて後ろめたさを抱えていた私自身に言い聞かせてみた。 ―佐倉 萌(女優) 観ていただいてすぐにコメント書いて頂きました!ありがとうございます!! 「いつか忘れさられる」を撮影した頃はコロナなんて想像もつかず、 通常のお葬式から法事といった手順を踏めず、悲しみを共有できていない家族という想定をしていたのですが、 現在のこのコロナ禍の状況だと、皆が同じく悲しみの共有をしにくくなっているので、 想定外ですが今この映画を上映する意味があるような気がしています。 ほたる
Read More

コメント頂きました!(佐野和宏・映画監督/俳優)

ひとりの主張を押しつけるのではなく、五人各様が賑やかに主張する。「三酔人」いや「五酔人経綸問答」だ!見透かされる前にさっと引く時間もいい。何よりもタイトル「さりゆくもの」がいい。一見、バラバラな五本がこのタイトルに集約されていく。一気呵成に読める短篇集だ。こんな映画もあっていい。もし、シリーズ化されるなら「さりゆきそこなった」俺にも撮らせてくれ。 ―佐野和宏(映画監督/俳優) 先日観ていただいてすぐに、カッコいいコメント頂きました! 佐野さんの新作、観たいなー。待っている人大勢いると思うんだが…。 女池監督のコメントの際に載せた「リュミエールごっこ」にも出演されてます。 再掲。 https://www.youtube.com/watch?fbclid=IwAR3WJIzyvJPAwtHO869yoUfEmsv96_H63mpdsp5oqYOc3_bJmLifRNe62hw&v=bXPGIi-DH_Q&feature=youtu.be 明日はサトウリュースケ・ギター演奏付き上映です!舞台挨拶もあります。 お待ちしてます!
Read More
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10