BLOG

本日から『キスして。』+『愛のイバラ』上映です!@シネマハウス大塚 19時より

投稿日:

本日3日目からBプログラムになります。(12/2まで)

『キスして。』(2012年/66分/miniDV 今回はブルーレイ上映)

監督:ほたる/出演:ほたる、伊藤猛、内倉憲二、今泉浩一、河名麻衣

ほたる監督ののデビュー作。20歳の時に年上の夫と結婚し、15年が過ぎた女はある日「好きな人ができた」と夫に告げ、新しい恋人と暮らし始める。

『愛のイバラ』(2013年/23分/8mm→HD)

監督:小口容子/出演:縞野枘、佐藤健人、広沢文、安部芙美子、櫻井一紀、岩谷聡徳

小口容子監督が8mmで撮影しデジタルで完成した「若手女性監督たちにもっと上映の場を!」と企画されたオムニバス映画「桃まつりpresents なみだ」で公開された恋愛疾走映画。

本日は監督2人のトークです!お待ちしています!!

トップ画像は28日上映後の快楽亭ブラック師匠とほたるのトークです。

BLOG

スピンオフ上映企画Vol.2「女はさりゆかない」2日目、快楽亭ブラック師匠がトークします!

投稿日:

シネマハウス大塚にて19時からです。お待ちしています!

本日はAプログラム です。 上映順は『「四谷怪談」でござる』→『サモンの娘』 になります。

トップ画像は初日トークの写真。左から下元史朗、ほたる、柳東史、中村明子

『サモンの娘』 (2016年/61分/デジタル)

監督:中村明子/出演:ほたる、板倉光隆、山下恵、柳東史、下元史朗、出光真子(声の出演)

お岩伝説をモチーフに、映像作家の中村明子監督が、父サモンの仇討ちを誓うイワを描く「東海道四谷怪談」の新解釈。

『「四谷怪談」でござる』(2005年/15分/デジタル)

監督:快楽亭ブラック/出演:林由美香、快楽亭ブラック

快楽亭ブラック監督が同じくお岩伝説をアレンジしたコメディこちら岩役を林由美香が演じる。

同じ古典をテーマにした2作ですが、全く違う出来上がりで見比べる楽しさをぜひ味わってください!

BLOG

スピンオフ上映企画Vol.2「女はさりゆかない」 本日初日!

投稿日:

シネマハウス大塚にて19時からです。お待ちしています!!

本日はAプログラム です。 

『サモンの娘』 (2016年/61分/デジタル)

監督:中村明子/出演:ほたる、板倉光隆、山下恵、柳東史、下元史朗、出光真子(声の出演)

お岩伝説をモチーフに、映像作家の中村明子監督が、父サモンの仇討ちを誓うイワを描く「東海道四谷怪談」の新解釈。

『「四谷怪談」でござる』(2005年/15分/デジタル)

監督:快楽亭ブラック/出演:林由美香、快楽亭ブラック

快楽亭ブラック監督が同じくお岩伝説をアレンジしたコメディこちら岩役を林由美香が演じる。

本日のトークゲストは『サモンの娘』中村明子監督、出演者の下元史朗、柳東史、ほたる になります。

BLOG

11月27日〜12月3日 『短篇集 さりゆくもの』スピンオフ上映企画Vol.2「女はさりゆかない」

投稿日:

スピンオフ上映企画第2回目は「女はさりゆかない」 シネマハウス大塚にて連日19時より上映します!(12/1は休映)

シネマハウス大塚:〒170-0002 東京都豊島区巣鴨4-7-4-101

https://cinemahouseotsuka.com

入場料:1500円 シニア・学生・障がい者は1100円(リピーター割あり:2回以上見るお客様は500円引き)

予約: info.mikataent@gmail.com

予約メールに希望日時、作品名、お名前、枚数、携帯番号をご記載ください。メールが届き次第、予約完了メールを送らせていただきます。

Aプログラム 【11/27(土)、28(日)、12/3(金)】

『サモンの娘』 (2016年/61分/デジタル)

監督:中村明子/出演:ほたる、板倉光隆、山下恵、柳東史、下元史朗、出光真子(声の出演)

『「四谷怪談」でござる』(2005年/15分/デジタル)

監督:快楽亭ブラック/出演:林由美香、快楽亭ブラック

Bプログラム 【11/29(月)、30(火)、12/2(木)】

『キスして。』(2012年/66分/miniDV 今回はブルーレイ上映)

監督:ほたる/出演:ほたる、伊藤猛、内倉憲二、今泉浩一、河名麻衣

『愛のイバラ』(2013年/23分/8mm→HD)

監督:小口容子/出演:縞野枘、佐藤健人、広沢文、安部芙美子、櫻井一紀、岩谷聡徳

上映後にゲストトークあります。交渉中の方々の日程が決まり次第追記します。※11/13追記しました!

11/27(土) 中村明子、下元史朗※、柳東史※、ほたる

11/28(日) 快楽亭ブラック、ほたる

11/29(月) 小口容子、ほたる

11/30(火) 河名麻衣、ほたる

12/2 (木)  今泉浩一、ほたる

12/3 (金)  板倉光隆※、山下恵※ ほたる

BLOG

本日、岡山上映初日です!/朝日新聞朝刊に載ってます。

投稿日:

明日明後日18、19日にはほたると小口監督の舞台挨拶を上映後に行います!

パンフレット2巻は下の売店で販売(1巻は入場者プレゼント)になります。

上映後には売店が閉まっていますので、気になる方はぜひ先にお買い求めをお勧めします。

上の写真は、本日(9/17)朝日新聞朝刊に載ったスチール。

BLOG

岡山メルパ舞台挨拶します!9/18、19です!!

投稿日:

詳細はまだ詰められてないですが、ほたると小口監督で土日舞台挨拶を行います!

近くの皆様お会いできますように!!

もしかしたら、前のりもしくは20日月曜延泊するかもしれません…できないかもなので、決まり次第お伝えしますね!

トップ画像は横浜ジャック&ベティでの舞台挨拶後の2人。

追記:日時を書いていなかった為、今週9/11で岡山入りと思われた方がいらっしゃったようです。わかりにくくて申し訳ないです…。

岡山メルパでの上映は9/17〜22です!

http://www.merpa.info/sub02.htm

BLOG

コメント頂きました!ユーシン(精神障害者2級・お笑い芸人)

投稿日:

たとえば私の場合は25歳のときに父が亡くなって、12年経ってようやく心身ともに整理がついた。59歳で急性心不全によりポックリ死んだ。寺の住職で幼稚園の園長で、美術家で大学講師で愛人持ちだった父の急死に、全員、超! びっくりした! 

 私はというと統合失調症と鬱の症状がピークに達していたところで、本山(仏教宗派の本部で、企業で言う本社)から電話を受けた母から「お父さんもうだめだって、冷たくなってるって」と報されて、頭の中で血の引く音を聞いた。本当にサーッという、砂が落ちるような音がするのだ。「父がのこした音」がそれだ。意外と声は覚えていなかったりする。

 本作のタイトルの後につく言葉は「いなくなったあのひとが、のこしてくれたものがたり。」で、まっさきに私が思い出すのは、あの冷たい大量の砂が落ちる音を聞いた前後の情景だ。その後、家族関係は最悪になり、令和に入ってから彼らには会っていない。ものすごい裕福だったので(イヤミですか? スミマセーン)相続で争うことがなかった。ただ私はその後、数百万円を持ち逃げされる事態に遭ったりしたのですが(ザマアミロですね)。 

 『泥酔して死ぬる』は奇怪な話で途中から自分の好きなハードテクノがBGMで流れて「ここでハードテクノ流れる? 普通」とキョトンとしてたらクレジットで“音楽:suzukiski”とあって爆笑、ここでsuzukiskiさんかあ、とヘラヘラしてしまったが果たして笑えるかというと笑えず、シリアスな気分を通り越して落ち込んだ……。

 死んだ人が遺したものは大事に、債務を残して逃げた人は追い詰め、家に帰っちゃった人が忘れたものは届けてあげたりと、この場にい続ける自分がやることは多くて目が回る。

 目が回るのは気持ちがいいが度を過ぎると倒れる。倒れない程度に加減しろだなんてのは射精寸前でパンツを上げて眠れという話でありますし、倒れた相手に起き上がれというのもはなはだ乱暴だ。話がそれました。観賞後にここまでぐったりする作品がゴコイチで入った短編集の上映が始まります、観客のみな様、張り切ってどうぞ!

 余談。『八十八ケ所巡礼』にて巡礼者に、なぜお遍路をしているのかと訊いてはならないとのナレーションがある。前述の通り私は高校を卒業後、8年間真言宗の坊主をしていた。いろいろあって宗旨替えし、還俗した(本当にいろいろあって……)。

 この問いには「わかりきっていることを、わざわざ問うのは残酷ですよ」と私は答える。

-ユーシン (精神障害者2級・お笑い芸人)

コメント内で出てくる家族のお話がまんま映画になりそうな強烈さ…。

来月は岡山メルパにて上映です!絶賛チラシ配布中!!メルパのエントランスでおすすめしてもらってます。

BLOG

『アル中の中のアル中』伊牟田耕児がさっていってしまいました…。

投稿日:
泥酔して死ぬる

「泥酔して死ぬる」に出演『アル中の中のアル中』伊牟田耕児が8月9日午前2時23分亡くなったそうです。

肝硬変を患いながら出演シーンは思ったより元気そうで、いつかは…と思いながらも、まだまだ先になるんじゃと思ったりもしてました。

ケイズシネマ での公開時に観に来てくれたのがちょっとだけ救いです。

残念ながら、このご時世で一堂に会しての送る会はないとの事。

8月13日に釧路で荼毘にふすそうなので、心の中でお見送りをしたいと思います。

「短篇集 さりゆくもの」京都上映は本日もあります。(8/12まで)

https://demachiza.com

「泥酔して死ぬる」未見の方ぜひ、彼を観に来てください。